5/23(木) ハイルくん ガラスケースに はいる!??



昨年阿真ビーチで短い命を落とした「シワハイルカのハイルくん」 阿佐地区の海岸に埋葬し、
子どもたち、そして親や地域の有志で(沢山の方々)で掘り起し、丁寧に洗い、
国内最初の組み立て可能な骨格標本が出来上がりました。
もちろん 組み立てには、親子(特に子どもたちを中心に)で骨格標本を完成させました。
しかし、2m余の巨体? 間に合わせのケースには収まらない!

「ざまみイルカ会」の活動に感動した おいら。 ケースと架台造ります!! と 安請け合い・・・
G・W前に 「工房 浜」の開所式。 設計をし、当初はNETでアクリル屋さんへ打診。
しかし、断られ懇意のガラス屋さんへ相談。 やっと、企画が前進。
 
4/23日ごろ? から作業を始め、5/15に架台の完成。
翌5/16日に息子たちと、「うみま~る企画の明日香」のサポートで「ハイルくん」の新居が完成しました。
画像

画像紹介の一部は、「うみま~る企画の明日香さん撮影の」の画像をお借りして紹介しています。
一番の苦労は、ステンレスの枠に長大なガラスの板のはめ込みに作業でした。

ところが、おいらは島でガラス屋さん以外では誰も持っていない「秘密兵器-2個」持っていたのだ。」
カラス吸盤機が3個付いた物を 2個も・・・。 もしもの時の一品ですね・でした。(こんな時に役立つとは・・・!!)

5/23 「ハイルくんがガラスケースに はいる!」の作業です。
先ずは、ガラスを磨く。 3人乗っても 大丈夫!!!
熱気で ガラスが曇っているのも気が付かないほど・・・・・ 磨いています・・・・・


海からの 大事な 大切な 贈り物  じっくりと 生かしていきます・・・・・

 

この記事へのコメント

VatMideo
2013年05月25日 12:35
立派なものができましたね。今度実物を見るのが楽しみです。
去年7月にmax dept=92.2mを記録したProアラジンの代替機をバーゲンで購入しました。しかしデビューは未定です。
再海を夢見る毎日です。
T.Takezaki
2013年05月27日 16:59
ご苦労様でした。7月に力作を拝見させていただきます。

この記事へのトラックバック